iE LAB.MAGAZINE

202401/21

照明設計のある家造り

照明設計のある家造り

照明デザインのアイデア

IE LAB注文住宅では住宅のデザインや性能はもとより
照明設計 灯りデザインに関しても
より良い住環境においては必要だとかんがえて
クライアントの皆様に照明デザインに関しては照明コンサルタントの有資格者にて
ご提案させていただいております。

今回は生活のシーンをよりよく演出する照明設計に関して少しお話させていただきます。

アクセントライト: アートや装飾品を強調するためにアクセントライトを使用しましょう。

間接照明やダウンライトを使って、特定のエリアを照らし出すことで、空間に深みを生むことができます。

色温度の変化: 昼間と夜間で異なる色温度の照明を採用することで、雰囲気を変えることができます。

昼間はクールな色合いを、夕暮れ時には温かみのある色調を取り入れると効果的です。

ペンダントライトやシャンデリア: ダイニングエリアやリビングルームにおいて、ペンダントライトやシャンデリアを使うことで、

空間全体に上品なアクセントを加えられます。

ライティングコントロールシステムや調光可能な照明: 調光可能な照明を導入することで、

様々な明るさや雰囲気に合わせて照明を調整できます。

これにより、異なる活動やシーンに対応した雰囲気の照明を設定し対応できます。

弊社ショールームには上記システムを設置しておりますので、
ご希望の方は実演も可能ですのでご遠慮なくお申し付けください(^^♪

また外部も照明設計では拘りたいところです。

室外照明デザインのアイデア:パスウェイライト

外部の通路や庭園などに設置するパスウェイライトは、夕暮れ時に安全性を高めつつ、美しいアクセントとなります。

フロントエントランスの照明: 玄関やエントランスは家の印象を左右します。

シンプルで洗練されたデザインのウォールライトやペンダントライトを活用して、

ウェルカムな雰囲気を演出しましょう。庭園照明: 庭や植栽に照明を設けることで、

夕暮れ時になお一層美しさを引き立てます。

ポイントライトや庭灯、フラッドライトを巧みに配置して、アウトドアスペースを演出しましょう。

これらのアイデアを取り入れて、おしゃれで機能的な照明環境を構築してみてください。

関連記事