営業時間9:00〜18:00
定休日毎週火・水曜日

NEWS お問い合わせ

BLOG

ブログ

玄関という文化②

2024.07.05

おうちのはなし

玄妙なるところへの関門

 さてこの玄関ですが、古い家になるほど玄関の意味合いは違っていました。そもそも、玄関の名の由来は「玄妙なるところへの関門」とされています。

 では、「玄妙なるところ」とはどこのことでしょうか、そして「関門」の意義はどこにあるのでしょうか。

 「関門」とは、関所あるいは関所の門であり、通るのを規制しているところです。つまり外と内を仕切っている場所であり、関門から外に出れば異国になります。

 ところが、関所というのは同時に、ふたつの領域を結びつけている場所でもあります。つまり仕切る役割と結びつける役割が同時にあるという事です。 

 そして家の玄関を考えると、関門の外は社会であり、内が家庭となります。おそらく、このどちらかが「玄妙なるところ」なのです。

ブログトップに戻る