iE LAB.MAGAZINE

202403/02

HEAT20 G2グレード モデルハウス

HEAT20 G2グレード モデルハウス

 性能とデザインの融合のコンセプトで建築された
IE LAB♡HEAT20 G2グレードの家造りモデルハウス
R30 号線沿い大阪府岸和田市小松里町にて展示中




IE LAB♡HEAT20 G2グレードの家造りモデルハウス
ご内覧ご希望の方は0120-37-0500まで



HEAT20 G2グレードの家で実現する、快適で省エネな暮らし

HEAT20 G2 は、2020年に策定された「次世代省エネルギー基準」
における最高レベルの断熱性能を表すグレードです。従来の住宅と比べ、
大幅な光熱費削減と快適な住環境を実現できます。

このブログでは、
HEAT20 G2グレードの家造りの特徴、メリット、デメリット、
そして実際に住んでみた人の声を紹介します。

HEAT20 G2グレードの特徴

HEAT20 G2グレードの家は、以下の3つの特徴があります。

高い断熱性能

外壁、屋根、床、窓などの断熱性能を高め、熱損失を抑えます。

気密性

隙間を塞ぎ、外部からの空気の侵入を防ぎます。

換気システム

熱交換換気システムなどにより、換気しながら室内の熱を逃がさないようにします。

HEAT20 G2グレードのメリット

光熱費の大幅削減

高い断熱性能と気密性により、冷暖房の効きが良くなり、光熱費を大幅に削減できます。

快適な室内環境

冬は暖かく、夏は涼しい室内環境を維持できます。また、室温差が小さくなり、ヒートショックリスクも低減できます。

結露の抑制

室内外の温度差が小さくなるため、結露が発生しにくくなります。

健康への配慮

カビやダニの発生を抑え、健康的な住環境を実現できます。

HEAT20 G2グレードのデメリット

初期費用

高性能な断熱材や気密性の高い施工方法を採用するため、
イニシャルコスト、初期費用が高くなります。

設計・施工の技術力

HEAT20 G2グレードの家造りには、高い設計・施工技術が必要です。

換気システムのメンテナンス

熱交換換気システムなどの換気システムは、
定期的なメンテナンスが必要です。

HEAT20 G2グレードの家で暮らす人の声

実際にHEAT20 G2グレードの家で暮らす人からは、以下のような声が聞かれます。

「冬は暖かく、夏は涼しいので、エアコンの設定温度を低くしても快適に過ごせます。」

「光熱費が以前住んでいた家よりも半分以下になりました。」

「結露がほとんどなくなり、カビやダニの心配が減りました。」

HEAT20 G2グレードの家造りは、光熱費を大幅に削減し、
快適な住環境を実現したい方におすすめです。
初期費用や設計・施工の技術力など、いくつかのデメリットもありますが、
長期的な視点で考えると、メリットの方が大きいと言えるでしょう。

HEAT20 G2グレードの家造りを検討している方は、以下の点に注意しましょう。

性能の高い断熱材や窓を選ぶ

気密性の高い施工方法を採用する

換気システムのメンテナンスを定期的に行う

HEAT20 G2グレードに精通した設計士や施工会社を選ぶ

HEAT20 G2グレードの家で、快適で省エネな暮らしを実現しましょう。


IE LAB♡HEAT20 G2グレードの家造りモデルハウス
ご内覧ご希望の方は0120-37-0500まで

関連記事