iE LAB.MAGAZINE

202402/16

地球環境に貢献する家④

地球環境に貢献する家④

・脱炭素の約束

 地球温暖化を防ぐために、CO2の排出量削減に各国で取り組むことになっています。脱炭素の目標はSDGsにもあげられ、日本の取り組みの中には森林によるCO2吸収が見込まれています。産業界も民間もさまざまな手立てを凝らして、この約束を守らなければなりません。

 年間1億㎥の木材蓄積量をCO2に換算すると、約7300万トンとなります。日本のCO2削減約束のおよそ4分の1が、森林で達成できることになります。ただ、それでは森林の多い日本だけが有利になってしまうので、森林対策を実施している分として2800万トンを計上しています。

 この事実を知るだけでも、どれだけ森林が地球環境を維持するために大切なものと考えられているかがわかります。そして日本が恵まれた国であることもわかります。

関連記事