iE LAB.MAGAZINE

202402/02

テレビと家②

テレビと家②

・テレビの効用

 では、どうしてテレビを見るのでしょうか。

 テレビの効用としての調査も行われています。もっとも多いのは、世の中の出来事や動きを知るための「報道」です。約7割の人が、報道にはテレビが最適と答えています。

 以降に、「娯楽」や「解説」「慰安」と続きます。さらに、共通の話題を持つことで人とのつきあいを深めたり、広げたりしり「交流」や、生活や趣味に関する「情報」を得、「教養」を身につける効用があるとしています。

 一方で、近年、テレビ離れが始まっています。若者を中心にして、テレビを持つよりもパソコンを選ぶ人が増えているのです。

 効用の中でも、「報道」や「情報」ではテレビよりもネットの方が評価が高く、情報の速報性や探しやすさでは、ネットの方が便利です。またパターン化した番組よりも、投稿動画を楽しむ人も増えています。

 それでも家からテレビが無くなることは考えられません。テレビと家の関係をしっかりと考えて、生活を充実させ、さらには住まいづくりにも生かす工夫を考えておきたいものです。

関連記事