BLOG

ブログ

カスタムとリフォームを考える。

2023.11.05

笹倉ブログ

おはよう御座います。
キャンプツーリングで夕方に帰阪
流石に疲れておりましたが(^。^)

早めに就寝してスッキリ!
6時起床の笹倉さんです。

しかしながら、楽しかったVIBES MTG

日本全国から集結している
バイカー達の愛車を拝見するだけでも
結構大変(^。^)

こんなカスタムの仕方があるのか?とか

こんな、方向性なぁとか。

綺麗目系からハード系
ストリート系からチョッパー系
うん十年前の旧車から最新モデルまで
千差万別のハーレーダビッドソン達を堪能させて頂きました。

いつも思うのですが
ハーレーダビッドソンと家造りも似ているんですよ。(^。^)

モダン系からアーキッシュデザイン系
ナチュラル系からカジュアル系
うん十年前の古民家から最新高性能住宅まで
千差万別の家造りがあります。

笹倉さんのこじつけであくまでも私見ですが
旧車を大切に乗り継ぐ文化のあるハーレーと

各ハーレーオーナーや各家造りのクライアントの
好みや予算やこだわりポイントや
思い入れや趣味嗜好によって全く変わります。

当初、気に入って買ったモノも
ライフスタイルの変化や環境の変化で
徐々にカスタムリフォームしたり
家族の成長や形態の変更によっって
乗り換えたり部品を変えたり付け足したり減らしたり…

以前乗っていた1999年モデルは約12年乗って
カラーリングしたり外装を変更したりしながら愛でておりましたが
知人が乗り継いでくれています。

現在の笹倉さんの愛車のピンクハーレー

2007年モデルですが、
知り合いから2011年に譲って貰った中古車です。

こちらも元々イエローだったのを
思い切ってIE LABカラーのピンクにカラーリング♡
吸排気系のカスタム少々して、
ご機嫌にハーレーライフ楽しんでおります。

家造りとハーレーダビッドソン
大切なのは『想い』と『カスタム&リフォーム』!
もちろんオリジナルでそのまま使い続ける選択はありですが
消耗部品や色や各種仕様は、
タイミングで交換しないといけないモノもございます。

ご家族の成長や進学 就職 結婚
体調を悪くしたり、様々なご不便をを感じたタイミングで
一度ご相談下さい。

IE LAB♡笹倉さんは二百件を超える
注文住宅や家造りの実績があり
一般家庭のリフォームから店舗改装やビル
マンションのリノベなど
新築やリフォーム工事実績多数。

※1二級建築施工管理技士として
※2不動産のエバリュエーション専門士として
顧客の皆様のご要望に応えたご提案を行います。

永く愛される家造り研究所
所長 笹倉 太司

※1

 
2級建築施工管理技士建築躯体仕上げの3種類の資格に分かれ、建築に関する全ての分野で2級資格者となるためには、少なくとも3度の受験に合格する必要がある。それぞれの一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められており、小規模工事を扱う。
1級、2級共に法令順守及び昨今求められる高い要求品質という観点から建築施工における緻密な要求精度を確保し、施工計画、安全管理、品質管理、工程管理という時に相反する事項を達成しつつ、予定工期内に建築を完成させられる高度な技術的スキルが求められる。また昨今の環境意識の高まりと共に3Rを遵守することも要求されるため建築全般について精通し技術的応ある

※2

不動産エバリュエーション専門士のここがスゴイ!

公認 不動産コンサルティングマスターがスキルとして有する、依頼者の心情や目的を聞き取る能力、土地や建物の価値を読み取る力、をさらに拡充するため、不動産エバリュエーション専門士コースでは、「提案力」つまり、アウトプットするための材料となる、マーケティング、事業収支の作成、投資分析に基づく提案とリスクの把握、リノベ・コンバージョンの検討方法などを身につけ評価書を作成する力をつけることに特化し、あわせて、発想や企画の源泉となるいろいろな事例に触れていただくことで知識や感覚を身につけていただきます。
依頼者の所有する資産を、多角的な視点から分析し、最も有効に活用する方策を導き出す能力を有した方、それが『公認 不動産コンサルティングマスター 不動産エバリュエーション専門士』です。

☆各種専門家(税理士・弁護士・不動産鑑定士 等)との連携を持ち、依頼者がワンストップで相談できる窓口となります。

オマケ♪

昨日の三重県尾鷲市のVIBES MTGは和歌山へ南下して
海岸線を眺めながら帰って来ました。

途中串本で観光&休憩

国立公園 橋杭岩



自然のダイナミズムを感じました。

お土産には…

コレ!

那智黒(^。^)

ブログトップに戻る