iE LAB.MAGAZINE

202305/23

豊かな空間デザインの定義

豊かな空間デザインの定義

豊かな空間デザイン

IE LAB注文住宅の施工例でも人気の高い設計手法
『高さの表現』

リビングの吹き抜け等を活用して
天井の高い空間が実現できますし
なんといっても魅力的な解放感を表現できます。

天井高があると部屋に広がりが出て
伸びやかなデザインを演出する事で
開放感が生まれ、より寛げる空間になります。

また、高い天井エリアに窓を設けることで
採光がしやすく、プライバシー保護を確保しつつ
日当りの良い明るい居室空間をつくることができます。

天井高は人の心理にも影響します。
一説には賢い子供が育つとか⁉等の
お話しもあります。

低い天井は圧迫感を感じてストレスに
繋がることも御座います。

逆に高い天井のデメリットは、空調費がかかること。
空間が広い分、部屋が温まるのに時間がかかりますので
高気密高断熱の断熱性能や空調の考え方が必要です。

吹き抜け空間ではシーリングファンを活用して
暖かい空気・冷たい空気を循環させるなどの工夫が必要です。
※シーリングファンは逆回転もできるものをお選びください。

また、デメリットとして天井高があると
掃除や電球交換が大変という難点も。
家を建てる際、その辺も考慮しながら設計する必要があります。

プライバシーを確保しながら、
開放的で豊かな空間を熟考した住まい。

天井の高さや形状
窓の配置を考えた空間デザイン


心地よい暮らしを演出してみてください。

関連記事