BLOG

ブログ

住宅資産価値と街①

2023.11.04

おうちのはなし

ビバリーヒルズにマンションは建たない。住宅地として憧れることの多いアメリカのビバリーヒルズ。なかなか日本では、同じような街並みを見かけることはありません。それはなぜなのでしょうか。その理由を探るために、サブタイトルの命題を考えてみましょう。

・「ビバリーヒルズにマンションは建つのか?」

 日本中の街を見ている感覚では、建てようと思えば不可能はないと思えます。さらに、もし売り出されたとたら、買う人も多いでしょう。というのも、ビバリーヒルズに一戸建てを持つのは難しくても、マンション程度ならどうにかなると思えるからです。

 さらに、マンションを開発している企業は、実際に建てて儲かると計算すれば万難を排して計画を進める事でしょう。都市の容積率が緩和されてオクションといわれる物件が軒並み販売されている日本のマンション業界の現状を考えれば当然のことのように思えます。そればかりか「高級な住宅街に、庶民でも手に入る住宅を供給している」のだと、大義名分と使命感を持って取り組むかもしれません。

 しかし実際にビバリーヒルズの戸建ての街を訪れると、マンションを見かけることはありません。また、日本でよく見かける、アパートなどの集合住宅もありません。でも、日本の街並みの中には、一戸建てとアパートやマンションが混在しています。同じ住宅地なのに、どうしてそのような違いがでるのでしょうか。

ブログトップに戻る